キスするカップルと薬
  • ホーム
  • ラブグラも性的刺激がなければ効果が出ない

ラブグラも性的刺激がなければ効果が出ない

医薬品

ラブグラは、女性用バイアグラでジェネリック医薬品として販売されています。
女性用バイアグラは性機能を高めることに特化しており、女性の性交渉時にある挿入の痛みや性的興奮が得られないこと、不感症の悩みなどに対して効果があります。
なぜ、効果があるかといえば、バイアグラと同じ有効な成分が配合されているため、膣内や外陰の周辺で血流を良くすることが出来るからです。
したがって、性交渉の約1時間前にラブグラを服用をすれば、作用が現れるようになります。
しかし、ラブグラを検討してみている方にとっては、服用したらすぐにそういった体感が得られるのではないかと不安視される方も少なくありませんが、その点は問題なく使えます。
性的な刺激が加わることで、女性の体の変化が起こりやすくなるからです。
ですから、これまでは男性に触れられることで、強く感じなかった方が感じやすくなることが得られるようになります。
また、膣内の潤いも改善されるので、より快感を感じやすくなり挿入時の痛みも無くなり、刺激を受けやすくなります。
ラブグラを服用していると、身体の変化は起こりますが、性的刺激を受けて初めてその快感を感じられるようになるため、安心して使うことが出来ます。
しかし、ラブグラを用いる際には適量を守る必要があります。
適量を超える量を服用すれば、本来の目的で効果を発揮する以前に、頭や顔の火照り、頭痛、血圧低下、アレルギー症状などが起こってしまう場合があるからです。
医薬品ですので、正しい用量、用法を守ることを念頭に置いて用いることを忘れないようにして下さい。
ラブグラは、このように正しい用法で用いることが前提で、性的刺激を受けることで効果が期待できるようになるものですので、安心して服用が出来ます。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索