キスするカップルと薬
  • ホーム
  • インド製造しているラブグラは国内の薬局でも購入可?

インド製造しているラブグラは国内の薬局でも購入可?

薬局

1,990年代にアメリカで開発されたsildenafilは、狭心症などの心臓の疾患を改善するというのが当初の目的でした。
そこで臨床試験を行ったのですが、残念ながら期待していた様な効果は発揮されませんでした。
そこで破棄するために回収しようとしたところ、被験者の多くが渋るという現象が見られました。
そこで問診などにより調査したところ、勃起不全に対しての改善効果が確認されたのです。
これが、1998年に販売されて以来、夢の治療薬として世界中で爆発的なセンセーションを巻き起こしたバイアグラの誕生秘話です。
ラブグラは、このバイアグラと同じ主成分のsildenafilを配合している内服薬で、インドの製造メーカーが提供しています。
ただし、こちらはバイアグラのジェネリックとして販売されているわけではなく、勃起不全の改善を目的としているわけではありません。
ラブグラ(lovegra)という名前が示している様に、女性の性的興奮障害や性機能障害に対する治療薬で、感度を向上するというバイアグラとは違う目的で使用されています。
これは、女性性器のclitorisと男性性器のpenisの構造及び機能の違いによるもので、陰部に血流が増加するという作用に違いがあるわけではありません。
しかし、勃起不全という不調を解消することを目的としたバイアグラの場合は臨床試験を実施することなく厚生労働省に承認されたのに対して、同じ主成分が配合されているラブグラの場合は現在でも未承認のままです。
このために、国内の薬局では取り扱われていないので、インドの製造メーカーから直接輸入するか個人輸入代行業者を利用するというのが購入するための方法となります。

人気記事一覧